【木工房ベル】日々の製作・読書記録

好きなことだけして生きていく。29歳の記録です。

【読書記録】労働2.0 / 中田敦彦

 「やりたいことして、食べていく」

このフレーズが目にとまり、買った1冊。

3月で会社を辞め、4月から個人事業主として木工をしていく自分に必要な考え方や言葉がいくつかありました。

労働2.0 やりたいことして、食べていく

労働2.0 やりたいことして、食べていく

 

 

モノが売れる方法やコンテンツの届け方を考えまくる

「いいものを作れば売れる」なんて考え方はもう古い。

作ったものをどう売るか、どう届けるかまでを考えて初めて職人と言えるのではないか。

自分は「いいものを作る」だけの職人にはなりたくない。

作ったものを多くの人に届けるところまで考えられる職人になりたい。

 

「やりたい人」と「できる人」、君はどちらになる?

すべての仕事は「やりたい人」と「できる人」の掛け合わせである。

 

今の自分は「やりたいこと」を「できること」と思っている部分が多い。

1から10まで自分でやりたい。

その考え方では効率が悪くダメなのかもしれない。でも、自分でやりたい。

人に任せることが苦手なのだ。

これからはお金との相談だが、自分よりもできる人に任せることも考えていこう。

 

やりたいことを口にする、口にしたことはやり続ける

このブログを始めて約1年。

 最初に書いた「木工家として独立を目指す理由」

mokukoubou-bell.hatenablog.jp

 これは今でも変わりません。

・好きなことだけして生きていきたい

・「労働力」ではなく「自分の作品」を商品として売りたい。

 

 

4月から木工家として独立します!

これからは組織の歯車に戻るつもりはありません。

 

 

やりたいことして、食べていく 

 

 

 

↓ご意見・ご感想はレターポットだと嬉しいです

↓木工房ベルのホームページはコチラ

木工房ベル|Home|木の温もりを感じる暮らしを

↓商品の購入はコチラ

木工房ベルさんの作品一覧 | ハンドメイドマーケット minne